内科 AGA・禁煙・ED・ピル 小児科 予防接種 胃カメラ・経鼻内視鏡・大腸カメラ デイケアセンター デイケアセンターサービス 居宅介護支援センター

長尾台診療所デイケアセンターの一日


デイケアセンターサービス




朝のお迎え

 毎朝のお迎えはご家族様の利便を考えて、だいたい毎朝決まった時間に到着するように注意しています。朝一番ですから、お迎えの時には、つとめて元気な「おはようございます!」のごあいさつをすることにしています。利用者様に一日分の元気を与えられるごあいさつができるように努めています。
 車の乗り口が高い場合は踏み台を置いて段差を解消するように、ちょっとした気配りをしています。車いすをご利用される方には車いす対応のお車を配車します。

入浴

 長尾台診療所デイケアセンターのお風呂はみんなで楽しく、会話を楽しみながら入っていただくのがモットーです。並んで順番を待って入るのではなく、利用者様ご自身が服を脱ぎたいときに入っていただけますし、自分ができることはご自分で、介助が必要なところはスタッフがお手伝いして、できる限りご家庭での入浴と変わらないような入浴を行っていただけます。
 お風呂では、季節に合わせて、バラ湯やユズ湯、菖蒲湯をお楽しみいただいています。
 お風呂のお湯は毎日入れ替えていますし、お湯が湯船の外に出て減ってしまうと自動的に給湯されるようになっていますから、わざと湯船の中で暴れて新しいお湯を楽しんでいらっしゃる利用者様もいらっしゃいます。それもまたリハビリになっているようです。

食事

 食事の前に15分ほど、みんなで嚥下体操や朗読をして、あごの筋肉を使うことによって食べ物を飲み込みやすくします。朗読は「坊っちゃん」などの有名な小説の一節などを、季節に合わせて、選択しています。
 そしていよいよ食事の時間は、職員も同じテーブルでそろって、みんなでいっせいに「いただきます!」をするのが、長尾台診療所デイケアセンターの名物になっています。
 みんなでバラバラに食べ始めるということはありません。それによって当センター全体が、「団らん」になっているわけです。まるで家庭で家族全員で食事をしているかのようにお食事をするのが伝統になっています。
 食事は院長の方針で、診療所の畑でとれた野菜やハーブ、果物を調理するため皿数が多くなっています。プラスチック製の食器でなく、瀬戸物の器に盛り付けていますから、見た目もおいしそうですしその季節ごとの栄養のあるものを、品数もボリュームも多くして、おいしくご提供しています。値段は一食当たり550円と、とても安価に設定させていただいております。
 利用者様からは、「かなりおいしい」とお誉めいただきますが、皿数が少しでも少ない日は利用者様から指摘されることもあります。それだけ種類の多さを楽しみにしておられるということだと思います。

レクリエーション

 的当てゲーム、ベンチサッカー、玉入れ、輪投げ、ボール回し、風船バレー、缶積み、文字当てゲーム、しりとり、かるた、ドミノ、ジグソーパズル、ちょっと大きめに作った百人一首など、レクリエーションはリハビリ効果を考えながら、「身体を使う」ものと「頭を使う」ものをバランスよく取り混ぜて行っております。
 とくに評判がいいのが、350ミリリットルのビールの空き缶を積んでいく缶積みで、高く積み上がるときは16個くらい積めた日もあります。みなさんハラハラしながら燃え上がって、参加されています。倒した人には罰ゲームありです。
 レクリエーションは、集団リハビリと位置付けられます。身体を動かすだけでなく、他の人とコミュニケーションをとることが大切なのです。他の利用者さまがやっておられる姿を見て刺激されて「あんなことをしてみたい」と思うことによって、ご本人の本来以上の機能を発揮することができるようになります。また仲間意識もできてきて、自然な会話が生まれてきますから、だんだん活気が生まれてきます。
 そうすると認知症の利用者様でもだんだん笑顔が出てきて、次に言葉が徐々に話せるようになり、「今日は何曜日」ということもわかるまで回復されるケースもあります。身体機能の改善についても同様です。ですから集団リハビリ効果のあるレクリエーションはとても大切なイベントなのです。

お楽しみ会・おやつ作り

 月に一回、お誕生日の方を祝うお楽しみ会を行っています。
 この日はボランティアの方に手品や踊り、フラダンス、オペラや歌謡、フラワーアレンジメントなどを披露していただき、特別食をみんなで味わいます。さらにデパートで売っているちょっと美味しいケーキを、院長先生のポケットマネーで買っていただいて食べています。みなさんとても楽しみにしているイベントです。
 また月に一回、利用者様と共同作業で手作りのおやつ作りを楽しむ会もあります。料理をする感覚を思い出される方もいらっしゃいますし、「こんなお菓子食べたことない!」と珍しがって楽しく食べられている方もいらっしゃいます。

カラオケ

 カラオケもまた、利用者の皆様が楽しみにされているものの1つです。リクエストを言っていただければ、順番に回ってきますので、皆様の前で、素敵な歌をご披露ください。明るいスタッフ達が、手拍子や拍手、掛け声でこれでもか、というくらい盛り上げてくれます。利用者様もついそれに乗せられ、歌い終わる頃には気分は石川さゆり?かも知れません。

長尾台診療所との連携

 当デイケアセンターの隣にある長尾台診療所とは、館内の通路で連絡しています。
 利用者様に血圧や体調の変化があったときに、私たちはすぐにドクターに相談することができます。どんなに気をつけていても、高齢者の方ですから、お風呂で急変したり、お食事をのどに詰められることもあります。そんな時にも、すぐに診療所にて対処していただけるので安心です。
 お身体の具合の悪い利用者の方は、朝、送迎の車から降りたらすぐにスタッフがご家族様からの連絡帳を見ますから、「具合が悪いので診療所に連れて行ってください」と書かれていたら、まず診療所で診察を受けていただきます。そのあとで長尾台診療所デイケアセンターに移動していただくことになります。
 これは、介護保険の仕組み上、途中で診療所に行っていただくと介護保険が適用されなくなってしまうからです。
 一日楽しく当デイケアセンターで過ごしていただいて、送迎の車に乗る前に、診療所の受付の人がデイケアセンターに参りますので、そこで薬の受け渡しや医療費の清算もしていただけます。お薬を急いで、飲んでいただかなければならないような場合は先にお渡しするようにしています。病状については連絡帳でご家族様にお伝えします。
 わざわざ医療機関にお連れする手間が省けるわけですから、利用者様のご家族には非常に評判がよいしくみになっております。
 リハビリに関しても、ドクターと作業療法士、整体師の先生と一緒になってリハビリのプランを練りますし、例えば骨折した方がおられてもレントゲンがありますからすぐに状況を確認することができます。ドクターからも説明をしていただけますから、リハビリをする側としても痛みの状況などを確認が取れやすくて助かっています。

作業療法士の視点

 リハビリの上で一番気をつけているのは、身体的なことを見るだけでなく、利用者様がどのような生活を送られていて、どんなことに困っておられるのかをしっかりまず把握することです。
 そのヒントとなるのは、デイケアセンターでの過ごされ方です。どのくらい活動されているのかや、どんなふうにお風呂に入られているのか、トイレを利用されている時、介助者にどのくらいの負担がかかっているのか、食事のとり方はどうかなどを、リハビリの作業をしながら観察させていただきます。
 歩き方に問題があるようであればそこをチェックしますし、座っているときの姿勢はどうか、食事の食べこぼしの量はどうかなどについても、ヘルパーさんが情報を教えてくれます。もちろんご利用者様ご自身からご相談を受けることもあります。
 その人の機能のよい部分、悪い部分の情報をできるだけたくさん集めて、リハビリのプログラムを考えていきます。
 そうして例えば「服の着替えが難しい」という方であれば、手の動く範囲を広げていくような訓練を、歩きにくくなっている方であればバランスが悪いのか、それとも持久力をつけるべきなのか、周りの空間を認知する能力が失われているのかを考えてリハビリを考えます。
 家でずっと過ごされている方であれば、当デイケアセンターにお越しいただいて少しでも動いたり、他の人と会話する機会を設けるだけでも、機能が向上したり問題の予防になるはずです。
 ご家庭でできることは、まず、今寝ている時間が多い方であれば、できるだけ座る時間を増やしてください。座る時間が長い方であれば、歩く時間を増やしてください。立つ時間が少ない方であれば脚力が弱ってしまいますから、立つ時間を長くしてください。そのようにして次のステップに上げていくことが重要です。
 それと、作業療法士が常に心掛けているのは、患者様との間の距離感をできるだけ縮めていって信頼していただくということです。安心して身をまかせていただいて、その方のお悩みを打ち明けていただけるくらい親身になって接したいと思っています。この様に機能訓練を行うだけでなく、リハビリ作業をしながら心の通い合いをすることで、さらに患者様の回復は早くなると思います。

看護について

 長尾台診療所デイケアセンターの看護師は、朝は利用者様が到着されると、まず血圧、体温、脈拍などのバイタルチェックと問診を行います。一人ひとりの方の今日の調子を把握して、リハビリの方などに連絡します。
 また一人一人の介護度は違うのですが、転倒には常に気を配るようにしています。さらに、服薬管理を行うのも看護師の仕事です。他の医療機関でもらっている薬についてもファイルしていますから、きちんと内服出来ているかどうか管理を行っています。昼食後に服用する場合は、当デイケアセンターの看護師がいったんお預かりして、きちんと飲んでいただくようにしています。
 入浴時には全身の様子や、皮膚に湿疹がないかといったチェックを行い、異常があった場合には診療所に報告したり、ご家族様にお知らせしたりするようにしています。
 体調の変化によっては、作業や運動、入浴など行っていただかない方が良いこともあるので、作業療法士と連絡しながらそうした点にも気を配ります。
 40人の利用者様に対して3人の看護師で対応していますが、よくご利用して頂いている方は顔色を拝見させていただいただけでも、今日の調子がわかることもあります。全員の利用者様とお話しさせていただいて、毎日の健康管理を行っております。

とにかく明るい介護スタッフ

 長尾台診療所デイケアセンターの介護スタッフの特徴は、とにかく明るいことです。天性の明るさを備えた介護スタッフがそろっています。
 スタッフの声も動きも活気がありますから、利用者様はつい乗せられてしまうところがあるようです。カラオケの時にはスタッフ全員で、「ここまで盛り上げるか」と思うほど踊りや掛け声で、利用者様の歌唱を盛り上げます。
 スタッフは、「自分たちが楽しく仕事をすることが、利用者様にも伝わっていく」と信じています。ですから当デイケアセンターのスタッフは、「まず自分たちが楽しく、気持ちよく仕事をしたい」と考えています。
 「一日一笑」が、長尾台診療所デイケアセンターのモットーです。こちらで一日一度は笑って、元気をもらってご家庭に帰っていただく、これが私たちの目標です。。


ページTOPへ
当院に電話する

当院のPCサイトへ

友達に教える
リンク集


トップページにもどる

長尾台診療所 デイケアセンターサービス

Copyright(C)Copyright(c) Nagaodai Clinic.All rights reserved.
WCL