内科 AGA・禁煙・ED・ピル 小児科 予防接種 胃カメラ・経鼻内視鏡・大腸カメラ デイケアセンター デイケアセンターサービス 居宅介護支援センター

日曜祝日診療有 正月以外年中無休 長尾台診療所


胃カメラ・経鼻内視鏡・大腸カメラ



消化管内視鏡(胃カメラ、経鼻内視鏡、大腸カメラ)のご案内

 長尾台診療所は、2011年9月より消化管内視鏡による診療を開始します。胃カメラ、経鼻内視鏡、大腸カメラにより、胃・大腸の検査や治療をより幅広く行うことができるようになりました。
 当院では、地域のみなさまに一番楽で安全な内視鏡検査を受けていただくための最新の機器と設備を導入しております。

 田中敦俊医師は和歌山の赤十字病院で6年間内視鏡を扱い、上部内視鏡胃カメラを症例数は1万件、下部内視鏡大腸カメラの症例は数千件を数えるエキスパートです。
 大病院の医療にはさまざまな制約があって、患者さまのご希望にもそえないことが少なくないのですが、長尾台診療所では鎮静剤を用いた無痛検査など、地域のみなさまのニーズに応える診療が十分ご提供できるようになりました。

上部内視鏡<胃カメラ(経口・経鼻胃カメラ)>

上部内視鏡がカバーするのは、食道や胃・十二指腸の検査です。
 胃カメラを使えば、バリウムによる胃部レントゲン検査(胃透視)では見つからなかったような小さな病変を早期発見することができます。レントゲンとは画像解像度がまったく違いますから、見落としが格段に少なくなります。レントゲン透視検査で異常が見つかった場合には、改めて胃カメラによる検査をすることになりますから、最初から胃カメラで検査をしておけば検査が二度手間になることはありません。
 当院では絶食で来ていただければ、予約なしですぐその日のうちに、胃カメラの検査を受けていただくことができます。前日の夜9時以降に食事をしていなければ、翌朝には胃の中は空っぽになっていますから、安全に検査を受けていただくことができます。検査結果はその日のうちに、医師と一緒にご本人の胃の中の画像を見ていただき、安心してお帰りいただけます。
 当院が導入するのはオリンパス社製の最新の内視鏡です。もっとも画質がよいと言われているハイビジョンの機器で、非常に画質がきれいなため早期がんを発見しやすいという特徴があります。したがって見落としが格段に少なくなります(経鼻内視鏡よりも経口内視鏡の方が画質がきれいに映ります)。

痛くない経鼻内視鏡(経鼻胃カメラ)

 経鼻内視鏡(経鼻胃カメラ)とは、胃カメラの一種で口からではなく鼻から入れる内視鏡で、ファイバーの直径がたった「5ミリ」というかなり細いものです(従来の胃カメラと比べると、胃カメラを口から入れるのか鼻から入れるのかの違いだけで、観察する部分は同じです)。
 口から挿入する普通の胃カメラだと、のどの反射で気持ちが悪くなってしまい、胃カメラを敬遠される方も少なくなかったのですが、この経鼻胃カメラであればそのような不快感も少なくて、ドクターと普通に会話しながら検査を進めることも可能です。
 経鼻胃カメラでも、もちろん鎮静剤を用いて、完全に眠った状態で無痛検査を受けることも可能です。また、もしその様に鎮静剤を用いた無痛検査を希望されているのであれば、鼻からの胃カメラ(経鼻胃カメラ)より画像のきれいな口からの胃カメラ(経口胃カメラ)をお勧めいたします。実はこの画像解像度には大きな差があり、例えるならフルハイビジョンのデジタル放送と、ややかすみがかったアナログ放送ぐらいの差があるのです(今の日本の技術の限界なようです)。経口胃カメラの方が微小な病変も見落とさず、詳細な観察が可能となります。

下部内視鏡<大腸カメラ・大腸内視鏡>

 健康診断結果で便潜血が陽性の方や、貧血などの症状のある方、腫瘍マーカーの数値が高い方は、大腸がんの可能性がありますので、大腸カメラ(大腸内視鏡)による検査を行います。
 大腸カメラは肛門から挿入して大腸内の様子を観察する内視鏡です。大腸カメラによる検査を行う場合は、前の晩から下剤を飲んでいただき、腸内をきれいにしてから検査を行います。
 検査をしてみるとポリープを発見するケースがたくさんあります。ポリープには、がん化するものと、がん化しない良性のポリープとがあります。もちろん大腸がんのポリープを発見することもあります。がん化する可能性のあるポリープであれば、検査中にすぐその場で切除できます。バリウムによるレントゲン注腸検査であれば、ポリープを発見しても再度、手術を行うという二度手間になってしまいますが、大腸カメラによる内視鏡検査であれば、検査と手術を同時に行うことも可能なのです。これにより患者さまの負担は格段に軽くなります。
 大腸カメラについても最新式の、わずか直径9ミリという細いファイバーを導入しました。通常の胃カメラよりも細いファイバーなので、大腸の形に沿ってしなやかに挿入ができ、従来のものに比べてかなり楽な無痛検査ができるようになりました。
 大腸カメラ後に「大腸ポリープがあったので取っておきました」といった説明を医師から受ける事もあるでしょう。大腸ポリープが多い方は半年から1年に1度の検査をおすすめしますが、完全にきれいな大腸の方であれば2年に一度の検査で、十分だと思われます。

無痛検査(痛くない内視鏡検査)

 当院では鎮静剤を使って、患者様が完全に眠った状態で胃カメラ(経口内視鏡、経鼻内視鏡)、大腸カメラ検査を行う「無痛検査」を導入します。従来であれば患者様が意識のある間に内視鏡検査を行っていたため、非常な苦痛を伴っていました。これが、患者様が内視鏡検査を敬遠する一番の理由となり、「胃カメラ・大腸カメラは苦しいもの」という固定概念を作ってしまったのです。当院であれば鎮静剤の注射を打って意識がなくなっている間に、すべての検査を終わらせてしまい、気がついた時には検査結果の画像ができていて医師と一緒に結果を確認するという流れとなります。
  また、当院では胃カメラ、経鼻内視鏡、大腸カメラ共に最新の炭酸ガス送気装置を用いております。これは、今までは胃や大腸を観察するのに、空気で腸管を膨らませて観察していました。ただ、空気では検査の後で、おなかの張った感じがなかなか取れず、それが苦しいとおっしゃられる患者様もたくさんおられました。当院では空気の代わりに炭酸ガスを用いて行います。炭酸ガスは生体への影響も無く、また腸管への吸収が良く、検査後もおなかの張った感じがないため非常に楽だと高評価をいただいております。
  当院では鎮静剤を用いた痛くない内視鏡検査、胃カメラ・大腸カメラのファイバーを極限まで細くした無痛検査、炭酸ガス送気装置を用いた無痛検査等、なるべく患者様に負担のならない内視鏡検査を心がけています。

痔の結紮術

 痔の症状でお悩みの方は少なくありません。
 痔は内痔核が悪いケースと外痔核が悪いケースに分かれます。いわゆる「中の痔」と「外の痔」です。
 痔の結紮術は、中の痔に対する治療法で、肛門の中にある内痔核を、大腸カメラを用いて輪ゴムで縛ってつぶしてしまう治療法です。痔の結紮術は手術に比べて出血も少ないですし、痛みもかなり少なくて済みます。入院の必要もなく、日帰りで可能です。内視鏡の麻酔をして、うとうとと寝ている間に終わってしまいます。
 ですから中の痔で悩まれている方は、痔の結紮術によって、痔の症状からすっかり開放されることになります。
 外の痔は結紮できませんので、薬を塗って改善していくことになります。痔の結紮術を受けた患者様は、排便の度の出血、痛みがなくなるので非常に喜ばれます。

ピロリ菌除菌(胃腸科)

 胃腸科で多い症状として挙げられるのが胃もたれや胸のつかえ、胃の不快感を伴った慢性胃炎(萎縮性胃炎)、胃潰瘍、十二指腸潰瘍です。食事がおいしくないと感じられる方もいるようです。慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がんの原因は、胃の中にあるピロリ菌です。また、ピロリ菌は胃がんの原因とも言われています。ですからいくら胃薬を飲んでも根本的な治療とはなりません。ピロリ菌を胃から取り去ってしまう必要があるのです。
 実はこのピロリ菌は、戦前戦後の井戸水の中にいたのではないかといわれています。その井戸水から感染しているので、60歳以上の方は8割方、胃の中に感染していると考えてよいでしょう。若くなるにつれて感染率は下がりますが、40歳でも3人に1人は感染しています。
 検査としては、内視鏡で胃の組織を検査して調べる方法と、袋に息を吹いていただいて、二酸化炭素の量で判断するUBT(尿素呼気試験)という方法があります。
 胃の中にピロリ菌がいるとわかったら、3種類の薬を使って除菌を行います。1週間薬を飲み続ければ、胃のもたれといった症状がすーっと消えていく方が多い様です。2カ月後に検査を行うと、根治しているかどうかがわかります。
 胃のむかつきを覚える方は、ピロリ菌を除菌すればとても快適に暮らすことができますので、お勧めしたいところです。ただ、除菌の薬は内服しても70%の方しか除菌できません。これは除菌薬の中に、ピロリ菌を除菌する抗生剤が入っているのですが、その抗生剤に対してピロリ菌が耐性を持っているためと考えられています。除菌薬を飲んで、その後、除菌できているか検査(UBT)されていない方もたくさんおられると思います。除菌薬を内服された方は、本当に除菌できているのか一度検査されることをお勧めします(UBT(尿素呼気試験)という、上記にありますように非常に簡単な検査です)。当院では1次除菌(1回目の除菌)では除菌できなかった方に対してでも、2次除菌、3次除菌、4次除菌も行っております。ご希望の方はお申し付けください。

逆流性食道炎(胃腸科)

 逆流性食道炎の症状としては胃酸が胃から食道に逆流して、胸焼け、胃酸が逆流する感じがあったり、みぞおちや胸の痛みを訴えられます。食生活が欧米化したこと、またピロリ菌の胃内感染率の低下に伴い、慢性胃炎の患者様が減少し、胃酸が強く出やすくなってきていることなどの理由により患者さんの数が急速に増えてきています。原因として、胃と食道とのつなぎ目がゆるい、食道裂孔ヘルニアという病気が考えられます。胃カメラで逆流性食道炎の状態を観察することもできますし、胃酸を抑える薬を内服していただくと、症状は改善します。

慢性B・C型肝炎(消化器内科)

 B、C型肝炎ウイルスに感染すると、肝臓の中で持続的に肝炎を起こし、さらに放置すると、肝硬変が起こって肝臓がんの原因となります。
 自覚症状はありませんが、肝臓の細胞が壊れたときなどに血液中に放出される肝臓の酵素であるALT(GPT)やAST(GOT)の数値が上がっている場合に特別な検査をすると、これらの肝炎であることが分かるケースがあります。特に慢性C型肝炎は50歳以上の方で発見されることが少なくありません。逆に慢性B型肝炎は若年者にも見受けられます。
 薬物療法を行うことと、肝臓がんにならないように3カ月ごとに超音波検査や採血で定期的に経過を観察します。

慢性下痢(胃腸科)

 胃腸科の中で、慢性的な下痢に悩まされている患者様はたくさんいらっしゃいます。そのほとんどは過敏性腸症候群という病気で、ストレス等が原因となり、腸管の機能異常をきたし、慢性の下痢や便秘を繰り返す疾患です。内服にて治療しますが、忘れてはならないのは潰瘍性大腸炎やクローン病といった慢性炎症性腸疾患です。これらの病気は下痢が続き、ひどければ血便となってきます。大腸がんにもなり易く、定期的な胃カメラ・大腸カメラによる検査が必要です。慢性の下痢を持っておられる患者様は一度胃カメラ・大腸カメラを受けられることをお勧めします。

胃がん・大腸がん(胃腸科)

  胃がん・大腸がんはがん患者数の中でも肺がんと並んで、非常に多いがんの内の2つです。胃内にピロリ菌が感染することにより、慢性胃炎を起こし、これにより胃がんを引き起こすと言われています。ピロリ菌は上記にもありますように60歳以上の方は8割方、ピロリ菌に感染していますので、日本人が胃がんや胃潰瘍、十二指腸潰瘍にかかりやすい原因と考えられています。また、大腸がんは日本で最近非常に増えてきているがんです。生活が近代化し、欧米に多かった大腸がんが増加してきているものと思われます。
  胃がん、大腸がんは早期には症状がなく、発見されにくい病気です。症状が出てきたころにはがんは大きなものとなり、全身に転移していることも多く、そうなれば根治を目指す治療(手術等)は困難となります。抗がん剤にて、だましだましの治療しか出来ません。
  胃がん、大腸がんを早期発見するためには、胃カメラ、経鼻内視鏡、大腸カメラによる検診よりほかありません。胃の健診にてバリウムを用いた胃のレントゲン透視検査もありますが、精度が低く、正直あまりお勧めは出来ません(非常に大きな胃がんでさえ見落とされることはよくあることです。当院では胃カメラや経鼻内視鏡をお勧めいたしますが、もちろんご希望があればバリウムを用いた胃のレントゲン透視検査を行います)。大腸がん健診でも便の潜血反応を調べる検査がありますが、潜血陽性とならない大腸がんもたくさんあり、精度の高い検査とは言えない状況です。ご心配な方は胃カメラ、経鼻内視鏡、大腸カメラ等を一度受診頂けたらと思います。一度検査を受けられれば、胃がん、大腸がんがないかどうかといった悩みは雲散霧消するでしょう。
  また、大腸がんの予防は困難ですが、胃がんは予防できるがんです。胃内にピロリ菌が感染していなければ、胃がんになる可能性はほとんどありません。このピロリ菌が感染しているかどうかも胃カメラやUBT(尿素呼気試験)といった方法で確認することが出来ます。もしピロリ菌に感染している様なら、薬にて殺菌し、除菌を行うことをお勧めいたします。ピロリ菌の除菌を行えば、胃がんになる可能性は非常に低くなるからです。
  当院は現在日本で、胃がんや大腸がんで亡くなられる患者様がたくさんおられることを非常に残念に思っています。どちらのがんもカメラで早期発見ができる上に、胃がんに関してはピロリ菌の除菌さえ行えば、ほとんどの患者様の命を胃がんから守ることが出来るのです。当院は、枚方市を中心に交野市、寝屋川市、京田辺市、八幡市等の北河内、京都府南部の皆様のご健康をお守りしたいと考えています。。


ページTOPへ
当院に電話する

当院のPCサイトへ

友達に教える
リンク集


トップページにもどる

長尾台診療所 胃カメラ・経鼻内視鏡・大腸カメラ

Copyright(C)Copyright(c) Nagaodai Clinic.All rights reserved.
WCL