内科 AGA・禁煙・ED・ピル 小児科 予防接種 胃カメラ・経鼻内視鏡・大腸カメラ デイケアセンター デイケアセンターサービス 居宅介護支援センター

日曜祝日診療有 正月以外年中無休 長尾台診療所


予防接種



当院では、地域のみなさまの健康を守るために、以下のような予防接種を行っています。大人になってからかかると重症化する病気ばかりですので、お子さんの時に予防接種をしておくことは大切です。予防接種のニーズはとても多いので、当院としても力を入れております。

また、任意の予防接種もありますが、予防接種をしておけば、もし病気にかかった場合でも非常に症状が軽くてすみます。また、ワクチンを接種せずに大人になってから病気にかかると重症化しやすいと言われています。大切なお子様のためにも、なるべく早期に任意接種を含めて全てのワクチンの接種をおすすめします。

予防接種のご案内

 予防接種を受けられる方は、御自宅で体温を測ってきてください。37.5度以下であれば予防接種を行えます。
 診療所での予防接種については、院内感染などを心配されるお母さんもいらっしゃると思います。当院では予防接種の患者様については予約をとらずに、来院されたらすぐ接種を行い、迅速にお帰りいただくように心掛けていますので、ご安心して思い立ったときにすぐにお越しください(現在、予防接種は月曜〜土曜に実施しておりますが、日曜祝日は予防接種を原則行っておりません。なるべく、月曜〜土曜までにご来院ください。予約不要です(B型肝炎ワクチンのみ予約必要)。どうしても日曜祝日しか接種できない様であれば、おっしゃって頂ければ接種可能ですのでお申し付けください。また、2種混合ワクチンは金曜夜診、土曜にのみ接種可能です(予約不要))。

 お子さんの場合は、話しかけたり、注意をそらしたりしながら、3秒くらいの間に注射を終わらせるようにしています。注射針も現在ある中で一番細いものを使っています。

 当院では、予防接種を終えられたお子様は、次回の予防接種の接種時期についてもお母様にお伝えするようにしています。これにより、お忙しいお母様であっても、お子様の予防接種の接種し忘れを防ぐことが出来ます。予防接種の接種時期については非常にややこしく、時にはプロの我々でさえ、悩むこともございます。

 もしご不明な点がございましたら、いつでも医師、スタッフにご相談ください。

法定接種

BCGワクチン
 結核の予防接種です。結核予防法に定められています。普通は2〜3週間後にぽつぽつと腫れてきて、うみが出ることもありますが、数か月で自然に治ります。

三種混合(DPT)・二種混合ワクチン
 ジフテリア、百日咳、破傷風の予防接種です。注射を打った部分が腫れるケースがあります。あまり腫れがひどくなれば、ご来院いただければ処置します(二種混合ワクチンは金曜夜診、土曜にのみ接種可能です(予約不要))。

ポリオワクチン
 小児マヒ、急性灰白髄炎を防ぐ予防接種です。スポイトで口に入れる経口タイプの生ワクチンです(当院では取り扱っておりません。集団接種が行われていますので、保健センターにお問い合わせください)。
 お知らせにもありますように現在、生ワクチンよりポリオを発症し、麻痺を来した小児がニュースで相次いで報道され、不活化ワクチンを求める声が高まってきております。確かにポリオにかからない様に予防目的で接種したワクチンで、子供がポリオを発症し麻痺まで来してしまえば、ご家族の無念と言えば、筆舌に尽くしがたいものがあるかと思います。政府も不活化ワクチンを3種混合ワクチンと合わせて、4種混合として接種できるように2012年度中に(一部では2013年度以降になるとの噂もあり)認可するとの報道もあります。
 ただ、不活化ポリオワクチンを自分の子供にだけ接種させるのは非常に危険です。なぜなら、周りの子供たちは皆、生ポリオワクチンを口から接種していますから、肛門より便と一緒にポリオウイルスは排出されます。他の子供は生ワクチンを接種して腸管免疫を十分に獲得していますが、ご自分の子供は不活化ポリオワクチンですので、腸管免疫が十分ではなく、他の子供の便よりポリオに感染してしまう可能性が高いからです。不活化ポリオワクチンを2回接種すれば免疫力はある程度つくのですが、1回では不十分です。他人より感染する恐れがあります。また、生ワクチンを接種して麻痺を来す確率は50万人に1人と言われています。つまり宝くじに当たるくらいの確率なのです。
 これらの事を考えると、周囲が生ワクチンを接種している間は、ご自分のお子様も一緒に生ワクチンを接種されるのが子供にとっては無難であると考えます。近い将来(あと1、2年はかかると思われます)、おそらく生ワクチンは日本では接種されなくなり、不活化ワクチンに完全に取って代わる時が来るかと思いますが、その時に初めて不活化ワクチンが皆様にお勧めできるようになるのではないかと思われます。

MRワクチン(麻しん風しん混合ワクチン)
 麻疹(はしか)と風疹の混合ワクチンです。接種の1週間後に発熱する場合があります。発熱した場合はご来院ください。

日本脳炎ワクチン
 注射を打った部分が腫れるケースがあります。あまり腫れがひどくなれば、ご来院いただければ処置します。

任意接種ワクチン

みずぼうそう(水痘)ワクチン
 伝染力が強く、非常に流行しています。軽く済むと思われがちですが、死亡者を含めて重症になる方が意外に多い病気です。感染すると、全身に水疱(水ぶくれ)ができ、大人になっても水疱の跡が残ります。任意接種のワクチンですが、接種をお勧めします。

おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)ワクチン
 かかると耳の下の耳下腺がはれますが、無菌性髄膜炎、難聴になることもある重大な病気です。任意接種ですが、接種をお勧めします。

インフルエンザワクチン
 冬場には、インフルエンザワクチンの接種を行います。流行する前に接種されることおすすめします。予防接種をしておけば、もしかかった場合でも非常に症状が軽くてすみます。13歳未満は1〜4週間あけて2回接種が必要です。13歳以上は1回接種で構いません。

B型肝炎ワクチン
 ほとんどの方はなじみがないワクチンかと思われますし、実際医療関係者以外は、ほとんどワクチンは接種されていません。ただ、B型肝炎は外国ほど多くはありませんが、日本でも性交渉や血液を介しての感染が頻回に認められています。急性B型肝炎は劇症化しますと、生命にかかわりますし、慢性B型肝炎となると肝臓に癌が出来たり、肝硬変になったりします。大人になってからのB型肝炎感染予防のためにも予防接種をお勧めします(B型肝炎ワクチンのみ予約が必要です)。

費用助成のある予防接種

枚方市では下記任意予防接種は費用助成事業があり、それぞれのワクチンで決められた対象者は無料になったり、一部費用助成がございます。詳しくはスタッフにお尋ねください。

Hibワクチン(ヒブワクチン)
 ヘモフィルス・インフルエンザ菌b型感染症のワクチンです。この菌は髄膜炎、のどの喉頭蓋炎、肺炎などを起こします。病気にかかると非常に重症化しやすいので、是非とも接種をお勧めします。
生後2ヶ月〜5歳未満のお子さんは枚方市が公費で全額助成(無料)を行っております。

小児用肺炎球菌ワクチン(プレベナー)
 細菌性髄膜炎などの侵襲性肺炎球菌感染症を予防する小児用肺炎球菌ワクチンです。細菌性髄膜炎予防に非常に効果的でなるべく早期の接種をお勧めします。接種後2,3日経ってから発熱、鼻水等の風邪のような症状を来すことがあります。その場合はご来院ください。
生後2ヶ月〜5歳未満のお子さんは枚方市が公費で全額助成(無料)を行っております。

子宮頸がんワクチン(サーバリックス・ガーダシル)
 子宮頸がんワクチン(サーバリックス)は、乳がんと同様に増えてきている子宮頸がんに対するワクチンです。70%の女性の子宮頸がんを防ぐことができ、20年間有効であるといわれています。その意味では、接種をぜひお勧めしたいワクチンです。
 新しい子宮頸がんワクチン「ガーダシル」ですが、お知らせにもあるように9/15より来年3月末まで中1〜高2は無料です(サーバリックスも同様です)。
 サーバリックスかガーダシルかどちらを接種するかは難しい判断で、専門家でも意見の分かれているところですが、サーバリックス、ガーダシルどちらも、一度接種を始めたら、3回目まで他方に変更出来ません。2つの違いは簡単に言うと、サーバリックスは子宮頸がんに対してガーダシルよりも効果があるが、尖圭コンジローマという性病には効果がありません。ガーダシルは子宮頸がんに関してはサーバリックスより効果は落ちるが、尖圭コンジローマも予防出来る、というものです。ただ、どちらも予防できるのは一部の子宮頸がん、一部の尖圭コンジローマです。接種すれば、絶対にその病気にはかからない、という訳ではありませんのでご注意ください。
中学1年から高校1年までの間の女性の場合、枚方市が公費で全額助成(無料)を行っております。

成人用肺炎球菌ワクチン(高齢者肺炎球菌ワクチン)
 肺炎球菌は成人、特に高齢者では細菌性肺炎の原因の多くを占めて、重症化しやすいため大変問題になります。抗菌薬が効かない耐性菌が多く、ワクチンによる予防が望まれます。
75歳以上の方は枚方市より、3,500円の補助がありますので、肺炎予防のためにぜひ接種をおすすめします。

長尾台診療所からのお知らせ

今年のインフルエンザワクチンは10/1より接種を開始いたします。今年のインフルエンザワクチンも昨年同様、新型インフルエンザ株が含まれています。6ヶ月〜13歳未満の方は2回接種、13歳以上の方は1回接種(受験生等、希望者は2回接種もできます)となります。

不活化ポリオワクチンは2012年度中には日本でも承認されるようで、3種混合と合わせて4種混合として予防接種できるようになる見通しです。また、ロタウイルスワクチン(ロタリックス)も今年の冬には間に合うように(11月ごろ)接種開始される見込みです(ロタテックは現在製造承認申請中です)。順次、当院にても接種可能となります。また、新しい子宮頸がんワクチン「ガーダシル」は当院にて接種可能となりました。ただ、費用助成事業が適用される(中1〜高2まで無料となる)のは9/15からです。

現在、予防接種は月曜〜土曜に実施しておりますが、日曜祝日は予防接種を原則行っておりません。なるべく、月曜〜土曜までにご来院ください。予約不要です(B型肝炎ワクチンのみ予約必要)。どうしても日曜祝日しか接種できない様であれば、おっしゃって頂ければ接種可能ですのでお申し付けください。また、2種混合ワクチンは金曜夜診、土曜にのみ接種可能です(予約不要)。

子宮頸がんワクチン(サーバリックス)は現在品薄状態が続いておりますが、枚方市では高校2年生は9月末までに接種を開始すれば、来年の3月末までは無料で接種可能です。また、高校1年生も来年の3月末までしか無料となりません。中1〜中3は来年度の国家予算がついていませんので、無料となるか今のところ不明です(今年度中は確実に無料です)。当院ではある程度在庫を確保しておりますので、中学1年生〜高校2年生の方はお早めに接種ください。来年度は有料となる可能性が高い様です。


ページTOPへ
当院に電話する

当院のPCサイトへ

友達に教える
リンク集


トップページにもどる

長尾台診療所 予防接種

Copyright(C)Copyright(c) Nagaodai Clinic.All rights reserved.
WCL